サービス案内

私たちのサービス

デイサービス

デイサービスセンターなどにおいて日帰りで介護や生活機能訓練などを行うサービスです。

日中、デイサービスセンターなどに通い、食事、入浴、その他の必要な日常生活上の支援や生活機能訓練などを日帰りで提供するサービスで、利用者の心身機能の維持向上と、利用者の家族負担の軽減を図ります。

対応施設

ショートステイ

短期間入所してもらい介護する家族の負担軽減を図るサービスです。

短期間入所し、看護職員、理学療法士等による医療や機能訓練、日常生活上の支援などを行います。
一定期間、介護から解放される利用者家族にとって、自分の時間を持つことができたり介護負担の軽減を図ることができます。また利用者家族の病気や冠婚葬祭、出張などで一時的に在宅介護が困難な時にも役に立ちます。

対応施設

グループホーム

少人数の家庭的な雰囲気のなかでの共同生活を支援するサービスです。

認知症の高齢者が共同で生活する住居において、入浴、排せつ、食事等の介護、その他の日常生活上の世話、機能訓練を行います。
少人数(5人~9人)の家庭的な雰囲気の中で、症状の進行を遅らせて、できる限り自立した生活が送れるようになることを目指します。

対応施設

小規模多機能

通いを中心に訪問や宿泊を組み合わせたサービスです。

通いによるサービスを中心にして、利用者の希望などに応じて、訪問や宿泊を組み合わせて、入浴、排せつ、食事等の介護、その他日常生活上の世話、機能訓練(リハビリテーション)を行います。

対応施設

看護小規模多機能

2つ以上のサービスを組み合わせて提供するサービスです。

「小規模多機能型居宅介護」と「訪問看護」を組み合わせて提供するサービスで、要介護度が高く、医療的なケアを必要とする人が、住み慣れた家や地域で安心して生活することが可能になります。

対応施設

訪問看護

自宅での療養生活を支えるサービスです。

医師の指示に基づき、看護師等が利用者の居宅を訪問し、健康チェック、療養上の世話または必要な診療の補助を行うサービスです。

対応施設

訪問介護

住み慣れた家で利用できる基本サービスです。

訪問介護員(ホームヘルパー)が利用者の居宅を訪問して、入浴、排せつ、食事等の介護や調理、洗濯、掃除等の家事を行います。
身体介護とは利用者の身体に直接接触して行う介護サービスで、日常生活動作(ADL)や意欲の向上のために利用者と共に行う自立支援のためのサービスです。
生活援助とは身体介護以外の介護であって、掃除、洗濯、調理など日常生活上の援助であり、利用者が単身、またはその家族が障害や病気等のために本人若しくは家族が家事を行うことが困難な場合に行われるサービスです。

対応施設

定期巡回・随時対応型訪問介護看護

地域で24時間安心して暮らすためのサービスです。

日中・夜間を通じて、訪問介護と訪問看護が一体的にまたは密接に連携しながら、定期巡回と随時の対応を行います。
1つの事業所で訪問介護と訪問看護を一体的に提供する「一体型」と、訪問介護を行う事業者が地域の訪問看護事業所と連携をしてサービスを提供する「連携型」があります。

対応施設

居宅介護支援

自宅で自立した生活をするためのケアプランの作成やサービス調整を行うサービスです。

介護を必要とされる方が、自宅で適切にサービスを利用できるように、ケアマネジャー(介護支援専門員)が心身の状況や生活環境、本人・家族の希望等に沿って、ケアプラン(居宅サービス計画)を作成したり、ケアプランに位置づけたサービスを提供する事業所等との連絡・調整などを行います。

対応施設

特別養護老人ホーム

「生活の場」と「手厚い介護サービス」を提供する施設です。

定員29人以下の小規模で運営される地域密着型介護老人福祉施設で、寝たきりや認知症などで、常に介護が必要で自宅での生活が難しい方のための施設です。入所により、入浴・排せつ・食事などの介護、機能訓練、健康管理、療養上の世話などが受けられます。

対応施設

有料老人ホーム

民間が運営する高齢者が生活する施設です。

高齢者になった方が入居され、入浴、排せつ、食事の介護、食事の提供、日常生活上必要な便宜(洗濯、掃除等の家事、健康管理)を提供しています。

対応施設

サービス付き高齢者住宅

バリアフリー構造等を有し、安否確認や生活支援サービスを受けながら高齢者が生活する住まいです。

一定の面積、設備とバリアフリー構造等を有する高齢者向けの賃貸住宅または有料老人ホームであって、高齢者を入居させ、状況把握サービス、生活相談サービス等の福祉サービスを提供します。

またサービス付きとは(1)見守りサービス(2)生活相談(3)安否確認のサービスです。

対応施設